〒901-2311 沖縄県中頭郡北中城村喜舎場1214

あやかりの杜図書館2F「北中城村国際サポートセンター」

TEL: 080-4284-3955

E-mail : info@dote.solutions

DOTE Solutions

付属-NPO法人琉米歴史研究会
Affiliation-Ryukyu America Historical Research Society

第13回 夏休み海外短期留学 7月22日Summer ESL Program2015

引率日誌

本日も通常通り午前中は英語の授業が実施されました。モチベーションが高い生徒は日本人引率者に対しても英会話を希望しており、生徒の英会話欲求が高くなっているように思えます。
午後は市庁舎訪問と消防署&警察署見学を実施しました。市庁舎訪問では市長のジョンソンさんが生徒を暖かく出迎えてくれて、生徒からは沖縄から持参した漆器をプレゼントしました。
その後は2班に分かれて消防署と警察署を見学しました。生徒の中で印象に残ったことは警察署内の留置所見学や、本物の拳銃やライフルなどの紹介を受けたことだそうです。
ワシントン州立大学での滞在も残り僅かになりました。英語力を強化するだけでなく、多くのことを経験してもらいたいと思っています。明日は米大学生バレー部との交流会とBBQを予定しています。

生徒日誌

南城市 神里 公美子

今日は、午後に市長訪問と消防署、警察署見学に行きました。
市長訪問できることは、すごいと思いました。
消防署と警察署は、普段知れない様子が分かったり、見れないとこが見学できて、たのしかったです。また、たくさん思い出になるような写真がとれました。
このような機会をくれた、市長さんや消防、警察署のみなさんに感謝したいです。
また、残りわずかになったアメリカ滞在も、親や教育委員にありがとうの気持ちを持ちながらすごしたいです。

北中城村 大屋 愛夏

今日は、いつも通り授業を受けて、授業があと2回ぐらいしかないと聞いて、悲しくなりました。だから、あと2回の授業を今以上に真剣に取り組みたいと思います。
昼食の後は、市長訪問、消防署、警察署見学しました。
市長さんからは、Tシャツのプレゼントももらいました。
消防署では、消防服を着させてもらったり、消防車の中、救急車の中にも入れて、とても貴重な体験をさせてもらいました。
警察署では、手じょう、パトカー、こう置所なども、普段日本では見られないところも見ることができて、とてもよかったです。
ここアメリカに来て、いつもすべてのアクティビティーが楽しくて、とても貴重な体験だと思います。こんな素晴らしい経験をする機会を設けてくれた、教育委員会の皆様並びに、いつも私を応援してくれている両親に感謝します。
本当に、ありがとうございます。
日本では、体験できないことを、ここアメリカで体験し、学び、自分のものにし、沖縄に持ち帰りたいと思います。
このような素晴らしい機会を設けてくださり、本当にありがとうございます。

中城村 浜田 綾音

今日もいつも通り4コマの授業を受けました。ケリーの授業で沖縄に帰った時にみんなにプルマンを紹介できるようなムービーを作っているので、みんながプルマンを知って好きになってくれると思います。
午後にが市長さん、警察官、ファイヤーファイターの所へ訪問しました。プルマンという市をみんなが大好きで、その町を守りたい。だとか良くしたいという気持ちが伝わりました。
その後は、Walmartでの最後の買い物でした。wanmartは安いのでおかしをたくさん買いました。物はシアトルでたくさん買うつもりです。あと2日の授業、吸収できるものはして、最後までプルマンを楽しみたいです。
Thank you for your cooporation.
おかげで充実して楽しいアメリカ生活を送っています。帰りたくなくなっています。
本当に両親の協力がなければ実現しなかったのでとても感謝しています。

南城市 新垣 千佳乃

今日は、午前中授業を受け、午後はプルマン市長、警察署長、消防署長に会い、警察署と消防署の見学をしました。警察署では、尋問室や牢屋などを見たり、消防署では救急車、消防車の中を見たりしました。その後walmartでお土産を買いました。
普段、経験できないことを多く学び、また他国に2週間住み日本との違いを多く知ることができました。
今回、この短期留学を支援して下さった人々と、私を応援してくれた両親に対して心から感謝します。本当にありがとうございました。

南城市 安次嶺 春華

今日の午後、消防署と警察署を訪れました。消防署では、初めて消防車に乗ったり、消防隊のスーツを着たり貴重な体験が出来ました。 警察署では、本物の銃を見たり牢屋を見たり、アメリカだなと思いました。最終日まで残り少なくなってきたけど、親から与えられた貴重な体験なので、悔いのないように有意義なものにしたいです。